非ネイティブとして洋書を読まれる方に、KindleのImmersion Reading機能は神機能として間違いなくお薦め

英語学習を兼ねて、原著が英語の場合はできるだけ原著を読むようにしている。そして、洋書は目で読むよりもオーディオブックを耳で聞いた方が速い&メンタルエネルギー消費も少ないことに気づいてから、洋書も買ってオーディオブックも買って、目で読むことはあまりしないで大体オーディオブックを聞く方で読書をしている。

しかし、以下2つの不満があった。
  •  本/Kindleとオーディオブックの二重投資で、1冊に4,000円前後かかることが多く、高い
  • オーディオブックと本/Kindleが同期されていないため、大体オーディオブックが先行し、億劫になって本/Kindleを開かなくなる
ある時、"Thinking in Bets: Making Smarter Decisions When You Don't Have All the Facts"(邦訳『確率思考』)という本をポチろうとした時に、

Kindle用で利用している日本のAmazonではなく、物理的な本や物品を購入するのに使っているオーストラリアのAmazonでも同じ本を見てみた。Kindle版の購入ボタンに、"□ Add Audible Narration to your purchase for just $3.99というオプションが追加されていることに気づいた。


オーディオブックの安さに釣られて、オーストラリアのAmazonでKindle版+Audible Narrationを購入し、普段Kindleアプリを使っていないiPhoneではKindleアプリの紐付け先を日本のAmazonからオーストラリアのAmazonに変更した。

それでiPhoneでこの本を読みだしたのだが、感動した。Immersion Readingという機能で読めるのだが、オーディオブックのナレーションを聞いていると、Kindle本の読まれている箇所が自動的にハイライトされて動いていくのだ。ページめくりも自動だ。この機能、肝心のKindle Paperwhite等では音声と本が別々で、Android/iOS/Kindleタブレットで実現されているようだ。以下の動画をみるとわかりやすいだろう。


このImmersion Reading機能で"Thinking in Bets"を読んでみての体感値は、
  • 読むスピードは、目で読むのの3倍、耳だけで聞くの1.5倍(聞き返すために戻るのが減る)
  • 内容の理解度は、目と耳で情報が同時に入ってくるので、目で読むのの1.5倍、耳だけで聞くときの2倍
一発でこの神機能に惚れてしまった。しかし、この神機能は日本のAmazonではリリースされていない。Kindleアカウントは数年前に日本と米国のを統合してしまって、米国アカウントで使おうとするのは面倒そうなので、自分はオーストラリアのAmazonアカウントを洋書読み用のメインで使うことにした。そして、なぜか、"□ Add Audible Narration to your purchase for just $X.XX" というオーディオブック同時購入オプションの価格がオーストラリアのAmazonは米国のAmazonより安いことが多いようである。

読みたい洋書は色々出てくるが、Kindleで読めることはもちろん、"□ Add Audible Narration to your purchase for just $X.XX"のオーディオブック同時購入オプションがあるか=Immersion Readingが可能かが選択の最優先事項に近くなった。

非ネイティブとして洋書を読まれる方に、KindleのImmersion Reading機能は神機能として間違いなくお薦めである。


Comments

Popular posts from this blog

(COMMENTS reached the max) If I were North American/West European/Australian, I would take BCG vaccination now against the novel coronavirus pandemic.

Please leave comments here regarding the BCG hypothesis, the correlation between COVID-19 and BCG vaccination

COVID-19 and the BCG hypothesis: age group comparison between Italy, Spain, and Portugal. You can get a size sense of herd immunity and individual immunity effect.