Healthcare quality and capacity do not matter for COVID-19

We are told to flatten the curve to sustain our healthcare capacity and keep our mortality rate low.

Let me check/challenge this statement in a short way.


From https://www.worldometers.info/coronavirus/, I picked up the countries which have more cases than Australia where I live.


Then, I picked up the countries which have more than 500 cases/1M population as this indicator links to the pressure to the healthcare system.


Next, I calculated the case-fatality-rate, CFR. It's very simple; total deaths divided by total cases.


And, finally, but, most importantly, collect BCG coverage and strain information. As we've already known, http://www.bcgatlas.org/ is not only incomplete but also inaccurate, especially for the old days, but let me scan roughly for this analysis. Please forgive me if some are still inaccurate. I don't want to spend two to three hours for each country.


Below is the table sorted by CFR. 



CountryTot Cases/
1M pop
CFRBCG coverage and strain
Belgium332214.8%No BCG
UK176913.4%Low BCG coverage w/ Denmark strain
Italy296013.2%No BCG
France234212.9%Middle BCG coverage w/ Mérieux strain(?)
Netherlands190611.3%No BCG
Sweden142410.7%Low BCG coverage w/ Denmark strain
Spain424910.3%Low BCG coverage w/ Denmark strain
Iran9796.2%Late BCG coverage w/ local strain
USA23095.3%No BCG
Switzerland32055.0%Middle BCG coverage w/ Merieux strain
Ecuador5375.0%Late BCG coverage
Denmark12754.8%Middle BCG coverage w/ Denmark strain
Canada9294.5%Low BCG coverage w/ Connaught strain
Ireland30894.0%High BCG coverage w/ Denmark strain
Portugal19823.5%High BCG coverage w/ Denmark strain
Germany17403.2%Mixed BCG coverage w/ Denmark and Jena strain
Austria16383.1%High BCG coverage
Czechia6342.8%High BCG coverage w/ Moreau strain(?)
Turkey10232.3%High BCG coverage
Norway13102.3%High BCG coverage w/ Denmark strain
Israel15771.3%High BCG coverage
UAE6860.6%High BCG coverage
Singapore13700.1%High BCG coverage w/ Denmark strain


Do you really think the healthcare quality and capacity matters for CFR by looking at the above table?
I agree that healthcare quality and capacity matter to some extent but BCG coverage and strain matter much more.
As nobody knows how to cure COVID-19 patients, what the healthcare system can do is to make patients survive several days longer and wait for them to recover by themselves.

As learned, the BCG vaccine is said to strengthen our trained immune system, and as a result, people who got vaccinated can recover by themselves with high probability. 
Immunologists have told us that cytokine storm is the main cause of COVID-19 deaths and the BCG vaccine, especially the Tokyo strain, has the effect to strengthen our feature to prevent cytokine storm.

Let me add a daily CFR* analysis of Italy and Belgium.

* I calculate daily CFR as new deaths divided by average new cases from 21 days ago to 7 days ago since days from the first symptom to death are 14. And I displayed from the day when the number of deaths passed 10.

The blue column is the number of new death and the red line is a calculated daily CFR. 


<Italy>



<Belgium>
You can see CFR was high from the beginning even when the number of deaths is not big. And CFR is decreasing probably because the number of tests increased. There are many factors but I want to emphasize that CFR of Italy or Belgium was very high from the beginning compared with the CFRs of countries with high BCG vaccine coverage.

Healthcare quality and capacity do not matter much. BCG matters much more. 
Whether the healthcare system collapses or not doesn't really matter. The death rates are determined by BCG coverage and strain from the beginning, not by the quality and capacity of the healthcare. 

Many budgets are spent on increasing the number of ICUs, mechanical ventilators, extracorporeal membrane oxygenations (ECMO), but those seem to have little impact on reducing the deaths. Just delaying the deaths for a few days. Spending on the BCG vaccine will be far more effective and far less costly.


Flattening the curve has little effect on the death rates, it just delays the number of deaths.

Sources (accessed on 20 Apr)
https://www.worldometers.info/coronavirus/
http://www.bcgatlas.org/
https://en.wikipedia.org/wiki/2020_coronavirus_pandemic_in_Italy
https://en.wikipedia.org/wiki/2020_coronavirus_pandemic_in_Belgium

Comments

  1. Thank you for your continued work.
    Terry Traster Doctor of Pharmacy USA

    ReplyDelete
  2. 致死率なるものを算出するには、やはり抗体検査をある程度おこなったうえで、真の感染者数をそれなりに正しく推定できないと何も結論は導けないのではないでしょうか。そのうえで、どうやら、たとえば東京都とNY州ではどうやらけた違いな差がありそう、、、なのは同意します。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 抗体検査は当然今後(精度の信頼度が足るレベルになったら可及的速やかに)やるべきかと思います。

      この記事で伝えたかったのは、致死率は各国の医療クオリティ・キャパシティで決まっているわけではないし(BCG接種で桁違いに変わっている可能性が高そう)、医療崩壊前後でも致死率は変わっていない、という点のみになります。

      Delete
    2. お返事ありがとうございます。
      主張されている内容自体に異議があるわけではないのですが、致死率という言葉に対しては算出するためにつかう数字はちょっとふさわしくないのでは、と感じた次第です。5/1にまず第一回目の(抗体検査キットの評価を兼ねた)抗体検査の結果が出ます。注目ですね。ここで仮に50%とかいう数字がでたら、東京に関してはこれで解散、この2週間数字が下がっていたのは、皆の努力+集団免疫が出来上がってきていた、という結論になります。それだけ罹患していて誰も症状が出ていない、のはメカニズムは良くわからないもののBCGのおかげとしか私には現在は考えられません。世界中で子供に接種することで、今回のウィルスもちょっと変わった風邪として人類とともに共存していくことになるのでしょう。

      Delete
    3. 死亡率、致死率という言葉がややこしいのですが、Case-fatality-rate(CFR), Infetion-fatality-rate(IFR), 人口あたり死亡率(英語でなんというのか知らず)の3つがあるようです。

      素人なので間違っているかもですが、CFRは顕在・有症状感染者数を分母にし、IFRは抗体検査等で出てくる感染者数を分母にするようです。本記事はCFR、抗体検査の結果を使ったものはIFRと呼びたいと思います。

      抗体検査での現在の懸念は、無症状・軽症状で自然免疫で撃退していると抗体ができないようなので、抗体検査では未感染者という扱いになってしまいそうな点です。それが多い場合(実際、多いようです)と、IFRの計算の分母も難しくなってきます。

      インフルエンザのCFRやIFRを調べたのですが、桁が違う範囲で諸説あって、これも分母の把握が難しいことからと思われます。

      Delete
    4. またまたお返事ありがとうございました。
      私よりもずっと詳しく調べていらっしゃいますね。すみませんでした。私はそのIFRというものが意味があるだろう、言葉としても正しいだろうと思い込んでおりました。

      BCGによって活性化された自然の免疫のみで無症状だった場合には抗体検査にかからないのでしょうか。それだととても厄介ですね・・・・

      全く個人的な感触ですが。なんかかかったかもな?と思う人は私も含めて周りに複数おります。喉が痛かったという人もいれば、アレ味が?、見たいな人までいろいろです。罹患率としては30%くらい行っててもおかしくないと思います。こういった人が調査でカウントされないとしたら、ますます日本はオバケと闘い続けることになってしまいます。心配です。

      Delete
    5. ヒアリングベースだと、東京は2割、有症状での感染を経験している可能性は十分ありますね。これに無症状も入れたら…
      それらを分母にすると、日本ではインフルエンザよりIFR, CFRがだいぶ低いというのが見えてくるのですが、抗体検査でも分母の数が見えない可能性というのが厄介です。。

      これから感染爆発が来て死亡者が沢山出る可能性がある、という可能性も残るので。「これから感染爆発が来て死亡者が沢山出る可能性がある」は実は常日頃からそうなので、その可能性がないことを証明するのは悪魔の証明的になります。。

      Delete
  3. はじめまして。私もBCG日本株がコロナ重症化率を下げていると思います。札幌医科大学のサイトを使って分析したり,他のサイトを見て,確信に至りました。素晴らしい分析だと思います。
    https://ameblo.jp/osaka-bengoshi/entry-12586411462.html

    他方,致死率を下げ,感染カーブを低くすることは,医療崩壊を避けること自体が本来の目的ではなく(日本では医療界の声が高いので,そのような印象も避けがたいですが),「医療崩壊を避けながら,治療薬・ワクチン等の開発まで時間を稼ぐ」ことが目的だと思います。

    なので,死亡発生数を後ろにずらすことは,その間に治療薬等が開発された場合,死者数を減らることになると思います。

    ReplyDelete
    Replies
    1. その点は同意であります。

      この記事で伝えたかったのは、西欧諸国は医療崩壊が起きて致死率が急上昇したというイメージ・先入観は実は間違っていて、最初から致死率が高い(致死率はどうやらBCG接種で決まっていて、桁が1つどころか2つ変わりそう)という指摘になります。

      Delete
    2. 書かれたブログを拝読しました!

      マレーシアは複数株を使っていたようですが、BCG Tokyo株も使っているようであります。

      イランはよくわからないですね。。

      Delete
    3. ご返事をいただき,ありがとうございます。

      「BCGワクチンにお金をかけた方がはるかに効果的で、費用もはるかに少なくて済む」(アゴラ日本語訳)・・・これが事実であれば,治療薬・ワクチンで大金を得たい勢力にとって,極めて「不都合な真実」になります。BCGワクチン有効説を無視・攻撃する原因にならないか,危惧しています。

      日本人にとっては,ありがたい事実です。

      Delete
    4. 日本は,医療崩壊を避けるため,「PCR検査抑制+個別対応(クラスター対策)」を政府・専門家会議が進めてきましたが,PCR検査抑制策が,かえって,「無症状感染者の一般外来通院→院内感染→医療崩壊の危機」という流れになって,医師会の意向もあり,「PCR検査強化+社会的距離政策」に急激に移行しつつあります。

      距離政策は,当初強く行うことが効果的とは思いますが,これまでの緩々から極端に変化しており,経済社会のオーバーキルになっていると感じます。距離政策は1回では終わらないので,長期的に今の調子だと,経済的破綻・自殺・治安悪化等の副作用が大きくなると危惧しています。

      Delete
    5. Thank you for your search of data and work on this. I'm from Hungary and absolutely agree with you. We have quite low numbers and restrictions are moderate. No schools and restaurants are closed. And people work from home if they can. But outdoor sports are allowed. So people are a lot more outgoing now than 4-5 weeks ago and no significant increase in infections except for some nursing homes. Traffic is getting back to close to where it was before. Maybe 30% is wearing masks on the streets and in shops. We have 272 deaths for 10M people and most of them were above the age of 70.
      For Czechia I would vote for the Russian strain as an ex-communist country. But it's only a guess.

      Delete
    6. Good to know Hungary's people lives are ok.

      Do you have Hungary's past BCG vaccine policy/strain information? http://www.bcgatlas.org/ says Hungary is using the BCG Danish strain but I guess the strain was different in the past.

      Delete
    7. BCGと同じような作用機序の薬剤開発のシーズについての、バイオ系VCの評価です↓。BCGまわりはまったく儲からないから製薬企業の腰が重いというのは本当かもです…

      外部経済性が超あるわけで、早く政府が主導してバイオ技術での増産に100億円ぐらいは投資して欲しいです…

      ーーー
      当該シーズは、BCGと同じ結果菌を用い、治療コンセプトも同様であるため、新薬とし
      ての開発はBCGを大幅に上回る効果が期待され、かつ薬価設定はBCGを下回ることを考
      えると、製薬企業の関心は低いとみられる。既に、数多くの臨床試験が実施されているに
      も関わらず、当該企業のホームページやインターネットによる簡易検索においても、製薬
      企業との業務提携やファイナンスに関する記載は見当たらない。
      以上のことより、科学的な意義は高いと考えられるが、現況を凌駕するような知見が無
      い限り、画期的な新薬開発としては難しいと考える。

      Delete
    8. 再リプありがとうございます。
      「外部経済性が超ある」・・・仰るとおりだと思います。政府・大学・国際機関・・・どこでも良いので,どんどん動いてほしいですね。

      Delete
    9. Ups, I'm the one from Hungary, and just realized and replied to someones post. But I continue to answer here. We have been vaccinated since 1954 with the Russian strain most probably until 1989. And I don't think they have changed it since. 98% of the population is covered. We got it at birth and the 2x at school. And it seems to count as well if we look at the UK where they only got it at the age of 6.

      Delete
  4. Thanks for sharing the best information and suggestions, I love your content, and they are very nice and very useful to us. If you are looking for the best Treatment Of Covid 19,then Burleigh Cove Respiratory Clinic.I appreciate the work you have put into this.


    ReplyDelete

Post a comment

Popular posts from this blog

(COMMENTS reached the max) If I were North American/West European/Australian, I would take BCG vaccination now against the novel coronavirus pandemic.

Please leave comments here regarding the BCG hypothesis, the correlation between COVID-19 and BCG vaccination